Artists

  • 0xhaiku.jpg

    0xhaiku

    アーティスト エンジニアを経て、Web3におけるアートの可能性を試すために匿名で活動を始める。「誰もが参加できるアートの仕組み」を研究テーマとし、コンセプチュアルでありながらも詩的な表現の探求も進める。

  • alexis_andre.jpg

    Alexis André

    Alexis Andréは、エンターテインメントの再定義を目指すアーティスト、研究者、デザイナーです。この計算とデータの黄金時代に、なぜ私たちのエンターテイメントは受動的に消費されるようにデザインされているのでしょうか?いくつかのメディアはインタラクティブな体験を提供していますが、どれもあなたのために特別にデザインされたものではありません。アレクシスは、ジェネレーティブシステムの力を借りて、一人ひとりの好みに合わせたユニークな体験を提供する未来に向けて取り組んでいます。このコンセプトの最初の実装として、彼はロボット玩具プラットフォーム「toio」を制作し、様々なデザイン賞(iF Design, reddot, Good Design...)を受賞しました。彼のジェネレーティブアート作品は、世界各地で展示され(東京、Art Basel Miami、COP26 in Glasgow...)、サザビーズやクリスティーズでのオークションにも出品されています。

  • ayumu_nagamatsu.jpeg

    Ayumu Nagamatsu

    学部にて美術史を学んだ後、インターネットサービス会社にてシステム開発のPMを経験。並行してアプリやジェネラティブアートの制作を始める。2018年、IAMASメディア表現専攻修士課程修了。フリーランスのプログラマー・アーティスト。

  • bouze.png

    bouze

    アーティスト 1984年兵庫県生まれ。高校卒業後、吉本興業のタレント養成所NSC大阪校に入るも、紆余曲折を経て、多摩美術大学に入学。その後、中村勇吾率いるtha ltdを経て、現在は会社員の傍らブロックチェーンを軸とした表現活動を行っている。主な受賞に文化庁メディア芸術祭優秀賞、TDC賞RGB賞など。

  • akamatsu.jpeg

    Masayuki Akamatsu

    1961年、兵庫県生まれ。メディア作家。京都市立芸術大学大学院美術研究科修了、博士(美術)。情報科学芸術大学院大学(IAMAS)メディア表現研究科研究科長・教授。クリティカル・サイクリング主宰。インタラクティブな音楽や映像作品を制作、近年はモビリティとリアリティをテーマに、テクノロジーが人と社会へ及ぼす影響を制作を通して考察している。代表作に書籍「2061:Maxオデッセイ」、「iOSの教科書」、アプリ「Banner」、「Decision Free」、展覧会「Time Machine!」、「ARアート・ミュージアム」などがある。「セカイカメラ」や「雰囲気メガネ」といった先進的なIT製品の開発にも携わり、アートの領域を広げようとしている。

  • artist_thumb.jpeg

    Michibumi Ito

    VRなどを用いた映像やインスタレーションによって、規模や距離、時間や知覚といった物理法則、そして言語体系や世界の認識の仕方が、そもそも別のあり方でありえたかもしれない状況を提示する。宗教や病理のリサーチを元に、VRが生むヴァーチャルなイメージとの比較を通し、生命の倫理に関する思弁と、現代のインターネットやデバイスなどが取り巻くメディア環境の中で他にあり得たかもしれない身体と〈わたし〉や〈わたしたち〉について考えている。 《クロールする蛹のためのレクチャー》(2021・TIME MACHINEなど)では、ハンモック状の筐体の上で全身を捻らせることにより、ミミズや魚や、あるいは形を持たない生物など、人間以前/人間以後の身体を駆使してプレイするVRを発表。 《XipeTotec Reality》(2021・渋谷PARCO)では、トウモロコシの神を模すために生きた人間の皮膚を剥いで着たアステカの祭りをリサーチし、現代においてアバター(英語ではSkin)を着て生活するVRの世界を思索した。

  • neort_logo_square_1000.jpg

    NEORT

    デジタルテクノロジーを駆使した新しいアートのためのオンラインプラットフォーム「NEORT」の開発・運営を行うスタートアップ。

  • r21nomi_square_pixel.png

    NIINOMI

    メディアアーティスト / NEORT株式会社代表。 プログラムをはじめとするデジタルテクノロジーを駆使した新しいアートの可能性を探求する。 近年は、アルゴリズムによって機械的に出力をし続けるシステムそのものに美的価値を見出しており、”System as an Art”をテーマに作品制作を行う。

  • reva.png

    Reva

    Reva is an algorithmic artist, crypto artist, and computer graphics engineer, born in 1986 in China. She received her MA from the Institute of Computing Technology, the Chinese Academy of Sciences. She has worked as an algorithm engineer in the movie-making, VR, and AR industries for 6 years. She self-taught generative art in 2018 and became a freelancer making new media arts. At the beginning of 2020 she stepped into the crypto art space and since then devoted herself to Web3 creating and building. She has established the Crypto Art Mutual Aid Association community and WeirDAO, a decentralized organization for independent crypto artists. Her generative project Through the Window was released on Art Blocks in 2021. She was the first Chinese mainland crypto artist to issue the artwork on Art Blocks. Her artworks have been auctioned in Poly and Yongle and showcased in Art Basel HK 2022.

  • takawo.jpg

    Shunsuke Takawo

    1981年熊本県出身。クリエイティブコーダー。2011年SNS上でIT用語と駄洒落による言葉遊びを競う「#takawo杯IT駄洒落コンテスト」を個人主催する。2019年、プログラミングを日々の生活や来歴、風土や固有の文化と結びつけるための活動としてデイリーコーディングを提唱、現在も実践している。 2021年、NFTアートプロジェクト「Generativemasks」を発表、発売から2時間あまりで1万個完売するなど話題となった。Processing Community Japan所属。一般財団法人ジェネラティブアート振興財団代表理事。

  • hirai.png

    避雷

    テクニカルアーティスト、的な。 東京大学工学部 在学。